UWSCで「キャプチャした画面をWordに貼りつける」を自動化

UWSCで「キャプチャした画面をWordに貼りつける」を自動化資料作成の時、「作業画面をキャプチャしてからWordに貼りつけ元の画面に戻す」という動作がめんどくさくなったので、UWSCを利用して、キャプチャした画面をWordに貼りつけるマクロを作ってみた。

以下の機能を実装。

・アクティブウィンドウをキャプチャする
・Wordに貼り付け、改行を数個入れる
・Wordはバックグラウンド(非アクティブ)で処理する

最初はMOUSEORG()を使ってバックグラウンド処理をしようと思ったのだが、GETCTLHND()のアイテム名が分からず挫折。

うまく貼り付けができません。

 

しょうがないので、直接Wordオブジェクトを叩くように変更。

ちゃんとバックグラウンドで貼り付けできました。

ついでにアクティブウィンドウのキャプチャもSCKEY()を使う事で速度アップ。(速すぎるので少しウエイト入れてます)

使い方:
事前にWordを立ち上げておき、UWSCのショートカット(Alt+F1)で実行。

そこそこ実用的になったとは思うが、貼り付けた後のトリミングがめんどい。
範囲指定して取り込めるようにしたいな・・・

カテゴリー: めも タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。