「時間にルーズ」ではなく「コミュニケーションが大事」だった。

「時間にルーズ」ではなく「コミュニケーションが大事」だった。先日、コロンビアで活動している方の話を聞く機会がありました。
コロンビアでは、
「コーヒーに誘われた時は、次に予定が入っていたとしても断ってはいけない」
「ちゃんと部屋に上がってコーヒーをいただき、軽くジョークを飛ばしながら一通り話をしてから次の予定に向かう」
「次の予定の人は遅れても怒らない」
これが常識だそうです。

自分の常識を覆された瞬間でした。
物事には理由があります。
漠然と「時間にルーズ」=「いい加減な人」と考えるのではなく、
「なぜ時間に遅れたのか」を考える事が大事だと思います。

カテゴリー: めも パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。