格安SIM(MVNO)利用時の注意点

格安SIM(MVNO)利用時の注意点キャリアSIMから格安SIM(MVNO)へ変更する際に注意する点を、キャリヤショップの店員さんの意見やインターネットの情報を元にまとめてみました。
利用するMVNOサービスや端末の機種によって状況が変わってきます。気になる項目があったらMVNOのホームページやネットの情報をチェックしてみて下さい。
※MVNO(仮想移動体通信事業者)

・端末保証

最近は端末保証のあるMVNOも増えてきましたが、端末保証の付けられないMVNOもあります。端末保証が必要な場合は保証内容も含めてチェックが必要です。

・海外ローミング

MVNOによっては国際ローミングが使えないものもあります。海外によく行く方は要チェックです。
まあ、SIMフリーの場合は現地でプリペイドSIM買っちゃった方がいいような気もしますが・・・

・サポート

ネット上で格安SIMを購入した場合はサポートも基本的にネット中心になります。
MVNOもヨドバシカメラなど店頭窓口を設置しサポートが充実して来ましたが、まだまだサポート面ではキャリアの方が手厚いです。
周りに頼れる人がいない、インターネットでの情報収集は苦手、などの方は要検討です。

・キャリアアプリ

今までキャリアスマホでキャリア専用のアプリを使っていた場合、キャリアアプリは全て使えなくなります。
セキュリティー関係のキャリアアプリも使えなくなりますので、セキュリティーは自己責任で。

・通話かけ放題

MVNOは全体的に通話関係のサービスが弱いです。
現在、電話かけ放題プランのあるMVNOはありません。電話を頻繁に利用する方は、2台持ちなど要検討です。

・キャリアWi-Fi

キャリアのWi-Fiスポットが利用できなくなります。
新幹線などでWi-Fiを利用する場合は別途Wi-Fiサービスに加入する必要があります。

・3日間通信量制限

3日間の通信量が一定量を超えた場合通信制限がかかるMVNOが増えてきました。
普段は自宅のWi-Fiで利用し、外出した際に突発的に大量に通信する様な使い方をする場合は、通信制限項目のチェックが必要です。

・帯域圧迫

MVNOの利用者が増えてきたせいか、都内などの人の集まる場所では帯域が圧迫されて通信速度が出なかったり、ネットに接続できないなどの事例もあるようです。

・テザリング

docomoキャリア端末のSIMを入れ替えて使う場合、端末によってテザリングが出来ないようです。
テザリングを利用したい方は要チェックです。

・キャリアメール

キャリアメールが使えなくなります。携帯電話宛にメールを送る機会のある方は、先方にメールフィルタの設定変更をお願いする必要があるかもしれません。

カテゴリー: めも パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。