5374.jp使ってみました

5374.jp使ってみました茨城新聞に茨城町版5374.jpが紹介されていたので調べてみたところ、
思ったより簡単そうだったので自分でも使ってみました。

5374.jp(水戸市内原版)

立ち上げにあたり下のページを参考にしました。

地元の 5374 を、自前サーバを用意せずに github pages で公開する手順

5374(ゴミナシ).jpサービスの立ち上げに必要なデータの準備

5374をあなたの地域に導入するには

茨城町版5374.jp

基本的に上のページの通りにやれば問題ないが、備忘録も兼ねて補足情報を書いておきます。
なおリポジトリは5月26日にforkしたものを使用。

●github使うの初めてなんだけどちゃんとFork(コピー)出来てる?これいじって大丈夫?

左上に「ユーザー名/5374」と表示されていれば大丈夫。

●ローカルで作業する場合はAptana使ってgithub上のリポジトリをインポートすると便利。

●area_days.csv編集時の注意

・項目名の数と収集日データの数を揃える。データ数が項目数より少ないと動かない。

・センター名は省略不可。空白可とあるが、省略すると動かない。とりあえずセンター名を入れておく。

●center.csv編集時の注意点

・センター情報省略不可。空ファイルでも大丈夫とあるが、省略すると動かない。センター情報を記述し、休止期間は過去の日付にする。

●description.csv編集時の注意点

・descriptionに情報を記述すると、アコーディオンで開くゴミリストの上に表示される。<ul>タグで囲むと白文字になる。
※仕様上は不使用となっているため表示は保障されない。

・stylesにsvgイメージを指定しないと、カテゴリ表示に四角い枠が付く。
svgイメージはフリーウェアのInkscapeで作成可能。
2016.1.14追記: setting.jsのSVGLabelをfalseにすると枠は付きません。

・bgcolorの色指定はリポジトリ内の「5374colormanual.pdf」を参考にする。
粗大ごみと有害がなかったので、粗大ごみは茨城町版を参考に黒、有害は使われている頻度が少ない茶色にしました。

●remarks.csvは編集してない

●target.csv編集時の注意事項

・furiganaは自動ソートされない。事前にソートして記述する。

●index.htmlを編集

・5374.jpの説明の下に水戸市内原版の説明を追加。
<div class=”accordion-heading”>から対象となる</div>までをコピーし、次の行にある”#collapse3_0″を”#collapse3_1″に変更。コメントを書きかえる。

●5374.jp(水戸市内原版)のデータは
https://github.com/ikaken/5374
のgh-pagesブランチにあります。

 

6/4追記
Code for Kanazawaから、5374.jpのサブドメインを頂きました。
新しいアドレスは、
http://mito-uchihara.5374.jp/
となります。

カテゴリー: めも タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。