Docker初心者がLaravel環境を構築するまで【初めてのDocker】

めも

PHPのフレームワークであるLaravelを触って見たくて、ローカルにLaravel環境を構築する方法を調べていたら、どうも最近はDockerという物を使うらしいという事が分かった。

Dockerのドの字も知らなかった私が、DockerでLaravel環境を作ったので、備忘録もかねて記事にしておく。

メモ

ネット上のDockerの情報は古いものも多いので、ググる時は期間指定を「1年以内」にするのがお勧め。

Windows10 Home環境で作業しました。

全体の流れ
  1. Docker Desktop for Windowsをインストール
  2. Dockerの仕組み・使い方を調べた
  3. 同人誌を読んでDockerコマンドの使い方を学んだ
  4. Webサイトを見てDocker Composeの使い方を学んだ
  5. Laravel環境が動いた
  6. phpMyAdminを入れた

Docker Desktop for Windowsをインストール

古い情報だと、Windows Homeだとインストールできないと書いてあることもありますが、現在は出来ます。

また、Homeにインストールできる条件で4桁のバージョン番号が書いてありますが、現在のWindows10のバージョン表記は数字とアルファベットの組み合わせです。基本的に最新版にしてあればインストール可能です。

詳細は下記リンクを参照。

Dockerの仕組み・使い方を調べた

色々なサイトを読んでみたのですが、いまいち分からず、結局次で紹介する同人誌を買って読みました。

同人誌を読んでDockerコマンドの使い方を学んだ

わかばちゃんと学ぶシリーズで有名な湊川あいさんの書籍です。

Webサイトを見てDocker Composeの使い方を学んだ

このサイトが分かりやすかったです。

まず、ローカル(Windowsの作業フォルダ)に、Dockerで使うためのフォルダ構造を作ります。

私の場合は、データ用のドライブ直下に「Docker」というフォルダを作り、その下に各フォルダを作りました。

フォルダ構造の詳細は、上の参考記事を参照の事。

下記のようなフォルダ構造が出来たら、各フォルダ内にDocker用の設定ファイルを作っていきます。

Laravel環境が動いた

phpMyAdminを入れた

MySQLの管理のためにphpMyAdminを入れたいと思ったら、続きの記事で入れ方が書いてあった。

このサイト作った方、さすがです。

めも

Posted by ikaken