なぜアバターでイベントに参加するのか?

2022年3月5日めも

最近、オンラインイベントにアバターで参加することが増えました。

増えたというか、ほとんどのオンラインイベントにアバターで参加しています。

自分が主宰しているプログラミングクラブ(CoderDojo Mito)をはじめ、コロンビアの日本人学校のプログラミング授業、茨城県笠間市の小学校のプログラミング授業、横浜市の就労支援施設のオンラインセミナー講師、教育系コミュニティーのオンラインイベント、その他一般イベントの参加者として、本当に色々なオンラインイベントにアバターで参加しています。

なぜアバターで参加するのか?

私がアバターでイベントに参加するのは、べつにウケ狙いという事だけではありません。(狙ってないとは言わないw)

アバターでイベントに参加することに「可能性」を感じているからです。

私がアバターの可能性について考えるようになったのはこの動画の影響です。

1:51:40辺りから始まる「アバターを活用したプレゼンテーション」という発表です。

この動画を見て、自分もやってみたい、アバターの可能性を考えてみたい、と思いました。

前後に行われている発表もとても興味深いのでVRに興味のある人にはお勧めです。

アバターで参加して何が分かったのか?

私は元々VRに興味があり、オンラインミーティングが増えてきた時に、Webカメラが無いのでVRアバターで参加したのが始まりでした。

いくつかのミーティングやイベントに参加していると、イベントの内容やコミュニティーの属性によって参加者の反応が違う事に気が付きました。

・子どもよりも大人の方が反応が良い
・目的意識の強いイベントでは反応は少ない
・数回参加するだけで全く反応が無くなる
・すでにアバターは珍しくないと感じる

そして、アバターであってもちゃんとコミュニケーションが成立することも分かりました。

まあ、相手がどう思っているかは分かりませんが・・・(今度聞いてみようかな)

これからもアバターでイベントに参加し続けます

色々賛否はあるかもしれませんが、私はアバターの可能性を検証するために、これからもアバターでイベントに参加し続けようと思います。

最近は私以外にもアバター参加者が増えてきたので嬉しいです。

どこかであったら気軽に声かけて下さいね。

最近のお気に入りのアバター(オリジナル)

それでは良いアバターライフを~

関連記事

2022年3月5日めも

Posted by ikaken